理事長挨拶

 

私どもは、地域の人々に密着した医療を、誠意をもって提供します。

 

青木記念病院のウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

青木記念病院は、故青木大二郎が昭和26年に青木外科診療所として開設しました。

昭和61年には、医療法人財団青木会青木記念病院として拡充し、60年を越える歴史を有します。

当院は、北勢地域の2次救急医療機関として年間1,000例を越える救急搬送患者さまを受け入れ、

桑名・いなべ地域の中核施設として存在しています。

さらに、消化器内科及び外科の診療、一般外科、整形外科領域の診療に多くの実績を有し、

神経内科、呼吸器内科、循環器内科及び乳腺内分泌外科の診療を常設するとともに、

主に名古屋大学病院の協力のもと内分泌内科、形成外科、手の外科、脳神経外科、皮膚科についても診療を行っています。 加えて、当院で提供できないより高度な専門分野に応じた医療については、

密接な関係にある市立四日市病院、海南病院、さらには名古屋大学病院等への紹介を行うとともに、

十分な連携のもと逆紹介を受け、患者さまのニーズに答えています。

当院の病床は、急性期一般病床、地域包括ケア病床として稼働していますが、

我国の人口構成の高齢化に対応するべく、介護老人福祉施設(入所、ショートステイ)の

「いこい(三重県桑名市大字西金井字村中170)」や「なごみ(三重県桑名市大央町50-2)」、

訪問看護ステーション青木記念病院、居宅介護支援所いこいなどと一体となり、

患者様の通院後の治療面そして介護を過不足なく提供しています。

特に、退院後のショートステイでのリハビリテーションに力を注ぐことで、真に在宅復帰が出来るよう努力しています。

平成30年からの専門医制度による研修では、当院は外科・内科の専門研修プログラム連携施設として活動することになっています。

理事長 青木 重孝



病院長挨拶

 

桑名の医療と介護を支える青木記念病院

 

青木記念病院は、桑名の地に開業して以来60余年になります。

現在では、二次輪番病院・災害支援病院として、

当地域の救急医療や災害医療において役割を担っています。

現在、日本は誰もが経験したことがないような速さで少子高齢化が進んでいます。

当然医療側もそれに合わせて治療の形を考えていかなければなりません。

ご高齢の患者様が医療・介護の質を維持しながら、なるべくご自分の家で過ごせるように

在宅医療にも力を入れ、訪問看護・入所施設の運営も行っております。

これまで以上に地域の医療・介護・保健・福祉に寄与できるように努力を続けていく所存で

あります。

 

病院長 青木 大五



医療法人財団青木会 青木記念病院

〒511-0068

三重県桑名市中央町5丁目7番地

TEL 0594-22-1711 FAX 0594-22-1521

 

JR東海、近鉄、養老鉄道「桑名駅」徒歩約10分

三岐鉄道「西桑名駅」徒歩約10分

三重交通バス「市役所前」徒歩約3分

一般外来の診療時間

土曜日を含む平日 9:00~12:00 15:00~18:00

救急外来の診療時間

24時間365日体制