院長挨拶

桑名の医療と介護を支える

当院はここ桑名の地に開業して以来60余年になります。

現在では二次輪番病院・災害支援病院として、当地域の救急医療や災害医療において

役割を担っています。

現在、日本は誰もが経験したことがないような速さで少子高齢化が進んでいます。

当然医療側もそれに合わせて治療の形を考えていかなければなりません。

ご高齢の患者様が医療・介護の質を維持しながら、なるべくご自分の家で過ごせるように

在宅医療にも力を入れ、訪問看護・入所施設の運営も行っております。

これまで以上に地域の医療・介護・保健・福祉に寄与できるように努力を続けていく所存で

あります。

 

青木記念病院 院長 青木大五