乳腺内分泌外科

特色

近年、乳がんは日本の女性では最もかかりやすいがんとなり、毎年約4万人が乳がんにかかり少しずつ増えています。

早期に発見・治療されれば、治癒しうる(生存率が高い)ので、定期的な乳がん検診が推奨されています。

がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えて、「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた乳がん検診を

定期的に受けることが大切です。

乳がんは治療をせずに放っておけば周囲の組織に拡がり、わきの下(腋窩)のリンパ節や鎖骨の上のリンパ節、あるいは血液を通って

骨、肺、肝臓などの臓器へ転移し、命を脅かすことになります。

このような事態を未然に、あるいは可能な限り防ぐために、できるだけ早く治療を開始しなければなりません。

当院では1名の女性医師が常勤しています。マンモグラフィの撮影技師も女性技師が常勤しており、検診から精査・治療まで

幅広く診療にかかわる体制を整えています。

治療法は、病気の状態や患者さんご自身の考え方によっても異なります。

当科では、患者さんやご家族の方と時間をかけて話し合い、患者さんご自身が納得して治療を受けられるように心がけています。

医師のご紹介

青木桃子
専門 乳腺外科全般
資格 日本医師会認定産業医
経歴 社会福祉法人憩理事長
学会

日本乳癌学会

日本臨床腫瘍学会